パノラマビューデッキのご案内

利用約款

神奈川県秦野市名古木1057-1 ホテルパフューム

当ホテルのご利用に際しては、下記のご利用約款にご同意いただく必要が有りますので、
ご利用に際して必ず御熟読いただき、ご理解とご承諾をお願い申し上げます。
この利用約款にご承諾いただけない場合はご利用の契約を締結する事が
出来ない場合が ありますのでご承知置き下さい。

第1条

当ホテルでの利用に関しては下記の利用契約及び一般に確立された慣習によるものとします。

第2条

当ホテルに利用契約の申込みをしようとするときは、利用者名や利用日及び到着予定時刻を
当ホテルに申し出ていただきます。また、利用中に変更のあったときは新たな利用申し込みが
あったものとして扱います。

第3条

利用契約は、当ホテルが前条の申込みを承諾したときに成立するものとします。
ただし、当ホテルが承諾をしなかったことを証明したときは、この限りではありません。
また成立後もお客様が申し出なく、著しく到着が遅れるなどした場合も契約の成立は無効となります。

第4条

前条第2項の規定にかかわらず、当ホテルは、契約の成立後、同項の申込金の支払いを
要しないこととする特約に応じることがあります。

第5条

当ホテルは、次に掲げる場合において、利用契約の締結に応じないことがあり、
利用の開始後であっても下記の事由などにより利用契約の解除をする事が有ります。

1. 宿泊の申込みが、この約款によらないとき。
2. 満室(員)により客室の余裕がないとき。
3. 宿泊しようとする者が、宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは
善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。
4. 宿泊しようとする者が、病毒伝播の恐れのある伝染病の疾病に罹っていると明らかに認められる時。
5. 宿泊に関し合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
6. 天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により宿泊させることができないとき。
7. 宿泊しようとする者が、泥酔者等で他の宿泊者に著しく迷惑を及ぼす恐れがあると認められるとき。
8. あるいは宿泊者が他の宿泊者に著しく迷惑を及ぼす言動をしたとき。(旅館業法施行条例第5条)
9. 宿泊しようとする者又は同伴者が暴力団、暴力団員、暴力関係団体又は関係者、
その他反社会的勢力であることが判明したとき。

第6条

利用客は、当ホテルに申し出て、宿泊契約を解除することができます。

第7条

宿泊客が当ホテルの客室を使用できる時間は、特に定めません。
また連続して宿泊する場合においても24時間を越えて使用する事はできず、
使用する客室を変更していただきます。
また、下記の事項に抵触する場合は利用の継続をお断りする事が有ります。
1. 連続して4日間を超える使用
2. ホテルとして、使用後の客室の状態に問題を感じたとき
3. ホテルとして、何らかの違法行為又は危険行為の発生を予見するとき
4. 客室を使用するお客様が変化するとき
5. 客室にホテルが事前に使用を許可しない人員の出入りがあるとき
6. 何らかの事由により、客室の供与が出来かねる場合

第8条

宿泊客が支払うべき料金等の内訳は、別表に掲げるところによります。
ただし、お客様の事由による利用の取り消しには違約金を受領いたします。

 

別表

取り消し  1. 予約を取り消される場合は、払い込みの予約料金の100%を違約金として受領します。
予定変更  2. 契約日数が短縮した場合は、その短縮日数にかかわりなく、
   1日分(初日)の違約金を収受します。
不到着  3. 予告無く、予約時間を経過して60分を経過しても到着されない場合は、
  お客様の事由により予約を取り消したものと見なし違約金を受領します。